情報通信関連の開発会社の中には、開発スタッフの不足を埋めるためインド人エンジニアを必要としている会社もある。人材が必要な時、技術開発力を持ったインド出身のIT技術者が助けになってくれる。彼らを獲得するため探す方法としては、外国人技術者の人材を提供してくれるサービスを利用するのが、なにより簡単で手っ取り早い。

またその他にも求人案件を出して海外出身の技術者を探し、インド出身のIT技術者に開発業務に参加してもらう方法が選べる。その他にも優秀で高い開発技術力を持ったインド人エンジニアを探すため、ヘッドハンティング会社を利用するのも人材獲得に役立つ手段となる。日本で活躍しているインド出身の技術者の中には、優秀な日本人技術者以上に高い開発力を持った人材も少なくはない。そのような人材を獲得できれば、IT開発会社にとって大きなメリットが生まれる。開発上の大きな課題をクリアしたり、さらには開発速度を飛躍的にアップさせることも可能である。

開発効率アップに期待できる優秀な人材であれば、たとえ高待遇で雇い入れる事になったとしても開発会社としては十分に元を取ることができる。ヘッドハンティング会社は、クライアントに代わって優秀な人材を探し出し交渉を行ってくれる。IT業界の中でもニーズの高い優れたインド人エンジニアを獲得するのは困難ではあっても、ヘッドハンティング会社は巧みな交渉術で優れた人材獲得のために力を発揮してくれる。