IT関連の仕事は、日本以外にも見つける事はできる。世界中でIT技術者の需要が増えているため、世界に進出して新しい仕事を見つける事も十分に可能である。

そこで例えば、刺激を求めてインドに進出しエンジニアとして開発の仕事を始める方法もある。インドはIT立国として急成長を遂げていて、世界中の国々に向けて多くの優秀な人材を輩出している。そのような国の中で、多くのインド人エンジニアに囲まれながら開発の仕事を経験すると、仕事を通じて多くの刺激を受けてられる。その結果、技術者として大きく成長を遂げられるとともに、仕事に対して大きなやりがいが感じられる。確かに日本での開発の経験も技術者としての成長には役立つものの、同じ環境で働き続けているだけではマンネリ化しかねず技術者として小さくまとまってしまう。

そこでインドに出向いて多様な開発現場での仕事の経験を積むようにすると、さらなるスキルアップ効果に期待ができる。また活気あるインドでの開発の仕事を経験するのは、大きなやりがいが感じられる。場合によっては大きな開発プロジェクトに関わることが出来るチャンスもあり、インド人エンジニアの優秀な仕事ぶりを間近で見てノウハウを吸収し、いずれは世界に認められるエンジニアになれる可能性がある。

日本で活躍するインド人技術者が増えているように、これからは日本から世界に進出して活躍する日本人がいても不思議ではない。グローバルに活躍できる人材を日本から輩出できると、日本人技術者に対する世界からの見方も変わる。